HOME > 豊根村のご紹介 > 豊根村概要

村長ブログリンク集 広報とよね
道路通行規制情報 防災情報豊根村の天気ふるさと納税 とよねット会員募集 ふるさと村民 とよね村イベントカレンダーリンク集

豊根村概要

豊根村ってどんなところ?

愛知県北東部、奥三河にある人口1,300人の過疎化の進む山村で、平成17年に日本一小さい村(離島を除く)富山村と合併しました。村のいたるところで沢や川により渓流が流れ、自然豊かな山村です。村内には佐久間ダム、新豊根ダムがあります。新豊根ダムによってできたみどり湖周辺は、春は桜、秋は紅葉の名所として知られ、ハーフマラソンなどのイベントも行われています。また佐久間ダム周辺は釣り場としても人気があります。
県内最高峰・標高1,415mの茶臼山が村内にあります。茶臼山では、春は芝桜、夏には避暑やキャンプ、秋は紅葉、冬にはスキーと四季を通じて楽しむことができます。特に、春の芝桜は平成19年度から5年間で40万株の芝桜が植栽され、5月中旬から6月初旬には県内外よりたくさんの観光客で賑わいます。
豊根村では毎年11月から1月までの間、国指定重要無形民族文化財の「花祭」が行われています。村内では、現在3ケ所で行われ、700年以上にわたって継承されている伝統的な神事芸能 です。豊根村は、9割が山林で大きな産業はありませんが、自然環境に恵まれた地域です。また、村内には美味しい湧水が出ているところがいくつもあり、水道水もおいしいです。